ガス圧力式椅子の昇降不良時の応急処置

我が家のメインデスクで活躍中の椅子。

前から気になっていたのですが、座りが良くない。座るほどに悪くなる。

ガスが抜けてしまったのか、座ると数センチ沈んでしまいます。

シリンダーの寿命でしょうか。古すぎて交換はできなそうです。ならば買い替え時でしょうが、大学生のころに研究室の粗大ごみをいただいた思い出の一品なのでもう少し長く使ってあげたいのです。

それにこの日は雑誌の取材が我が家にくるとのことでしたので、どうせならシュッとかっこよくキマってほしいなと朝から調節を試みました。

ガチャガチャとまさぐっていると、
あれ、おかしい、こんどは全く昇降しなくなっちゃった、下がりっぱなしだ…。

_dsc2510

嗚呼、なんとも不細工であります。

このまま掲載されたくないなあ。焦る焦る。

グーグル先生に尋ねると同じ悩みの人がいらっしゃいました。

WEBは本ほどの出会いはないが、答えを探すならば速い。

椅子が勝手に下がるのを100円で直す方法

なるほど、割り箸ですね。ならば家にあります。

さっそく少々アレンジして自分もやってみることに。

取材が来るまで残り一時間ほど。

_dsc2513

ちょうどいい長さに割り箸を切り、テープでつなぎます。

(時間ないくせに写真を撮っておくプロ根性)

_dsc2516

こんな感じ。

_dsc2517

いい感じの長さに調節したシリンダーに

_dsc2519

くるっと。

_dsc2520

ぴたっと。

_dsc2522

ばしっと。

結束バンドで固定です。

案外しっかりしてます。

割り箸と言われれば割り箸ですが、ひとまず応急処置なのでこのままで。

_dsc2525

イス単体で見るとなんだかギプスつけている的ぎこちなさがありますが、全体としてぼやっと眺めるとどうでしょうか。

え?やはり割り箸は割り箸ですか…。

ただ座りは前より格段に良くなりましたよ。

無事(?)このまま撮影していただきましたよ。この後どう改良するかは考え中です。

ご覧のように座面もボロボロですのでこれも。乞うご期待です。

余談ですがグーグル先生に尋ねるとガス圧力式椅子爆発事件がたくさん出てきて恐ろしいですね。僕のこの椅子はおそらくガスが抜けきっているのでその点においては安心なのでした。

↓続編です

ガス圧力式椅子の昇降不良時の延命処置
前回の続きです。 今週も雑誌の取材が来るとのことでしたので、椅子の本格治療です。 今回の取材は朝早めだったので、

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です